Saturday Night Gossip

恋と性とミニマリズム。

大阪で2日連続クラナンしてみた。後半戦

二日目の明け方、京都子とのゴールを果たした僕。

昼過ぎに起床、二回戦目を終え二人で遅めのランチを食べて解散。

大阪での用事を済ませて、夜に再びウイングと合流してからの出来事です。

 

ふつかめのよる

22:30 道頓堀でウイングと合流

合流すると串カツ屋に入り、お互いの即と今夜の健闘を祈りハイボールで乾杯。

大阪の箱についての所感、そして反省点を挙げつつ、しばし談笑。

 

24:00 小鹿箱in

初めての小鹿箱。ぱっと見の箱の構造、客層を見ると、昨夜の貝殻箱より圧倒的に相性が良さげ。

2日連続のゴールが期待できると感じた。

 

二人で箱内をサージング。

男女比は7:3程度だろうか。女性の二人組も何組かいる。

フロアの後ろの方では、男女数人組がそれなりのスペースを占有してダンスを踊っていた。多分東京なら注意を受けるレベルだったが特にそのようなことは見受けられない。

 

しばらくして、1対1で和む男女のペアを発見。

ウイングがすかさずAMOGし、見事に男と引き離す。

 

余談だが僕たちは、コンビで出撃していてもどちらかが1:1で和んでいる場合はそこに介入しない。

逆3の場合であっても、お互いサポートを頼まなければそのままソロで和む。

彼とは、基本的にはこのようなスタイルでコンビを組んでいた。

 

彼はこの案件を即、後で再び合流するのだがしばらくはソロで戦うことになった。

いつもなら全く問題ないが、この大阪というフィールドで一人で戦えるかどうか自信がなかった。しかしウイングも、僕を信頼しての行動であっただろうから頑張ろうと思えた。

 

時計を見ると1時を回ったあたり。

箱が閉まるのは4時。出来ればこの箱で案件を確保したかった。

 

一人の女性はいなかったので、何組かの二人組に逆3で声かけ。

 

全てオープンはしたものの、全く手応えが感じられない。

なんというか、相手にされていない感じだった。原因は不明。

大阪に来てからというもの、このような状況が続いている。

 

ソロで声かけしたのが良くないのか?と思い、一人でいた大阪人の野生の男に声をかけ即席コンビを組む。

不本意な選択だったが、2:2で和みが開始出来れば速攻でセパレートして連れ出す自信があったのだ。

 

まだ声をかけていなかった二人組をオープン。和む。

男女女男という位置でそれぞれ和む。大阪に来て、まともなトークの中で手応えを感じたのは初めてだった。

 

しかし、ここで野生の男が大きなミスを犯してしまう。

 

彼は急に女性達の手を引いてバーカウンターへ。

何事かと思い尋ねると、彼は二人にドリンクを買おうと言い出す。

僕は財布も現金もロッカーに入れていたので払えないと告げる。

 

そもそもドリンクを奢ること自体あまり良くない行動である。

僕はクラブに何百回も行ったと思うが、気の知れた仲の良い男女の友人に酒を奢ることはあっても、初見の女性におごったことは一度たりともない。それでも彼女らは僕についてきた。

 

お金がないといった僕に対して、彼は嫌な顔もせず僕の分も含めた4本のドリンクを購入。

 

後ろを振り向くと女性二人はいない。

僕は、ドリンクフックがまずかったのだとすぐに悟ったが彼は気づかない。

フロアにいた彼女らに酒を渡そうとするが、彼女らは受け取らずに逃げてしまった。

 

ドリンクフックをしたのに、女性がドリンクも受け取らずにいなくなる。

こんなことは滅多にない。よほど彼のトークと行動がまずかったということである。

 

そんなことをしている内に案件も少なくなってくる。

ゴールの為には、またしても爺2に行くことになると悟る。

 

そして箱が閉まった。

 

4:00 小鹿箱out、爺2へ移動

一人で箱を出た。しかし先ほどの野生もついてくる。

これ以上AFCと行動するのは避けたかったが、この時ウイングから合流出来ると連絡が来ていたため、その時に放流すれば良いかと思ってとりあえず一緒に移動した。

 

その際、大学生っぽい女性3人組が僕たちと同じ方向を歩いていたので声かけ。

「これからどこに行くの?めちゃくちゃフラフラしてるけど大丈夫?」

「クラブやで、多分お兄さんと一緒の方向。っていうか、東京の人ー?」

「そうだよ。」

「そうだよ。やって!その喋り方嫌やわー!」

大阪弁じゃないグダ。

「なんか、弱そうな感じするんよな。ここミナミやで!東京弁あかんやろ!」

 

と、かなり散々な言われよう。

「そんなに言って、俺せっかく東京来たのに、俺のこと嫌いなの?笑」

「いや、顔はタイプやけどやっぱり東京人は嫌やねん。」

 

生粋の関西人には少なからずこういう考え方の人はいると聞いていたので、ただひたすらウンウンと頷く。このグダを崩す気にはならなかった。

 

そして爺2に到着。

僕たちのように、はしご組がぞろぞろと箱に入って行く時間帯だった。

 

ダンスフロアは人でいっぱいだ。

ここで運良く野生がはぐれていったのでソロで行動。

昨日と同様に、脈アリそうな案件に声かけ。

 

二人組のうち、一人から目ビームきたので手を差し出しオープン。

 

このオープンは東京でも良く使う。

声の通らない箱で、案件と人一人分くらいの距離の時に目を合わせ手を差し出すだけ。

相手が手をつないでくればある程度の脈はあるので軽くトークすればいいし、そうでないならスルーすればいい。

 

「お兄さんハーフなん?」

「そうだよ。君も明らかに日本人じゃないじゃん。笑」

「ママがフランス人なんよ。一人で来たん?」

「友達とはぐれちゃってね。一人でフラフラしたくないから一緒にいよう。」

「ええで」

 

友達連れだったが、狭い箱ということもあり僕とハーフ子が一緒にいることは友達もオーケーしてくれたようだ。

と、同時に連れ出しは難しいかもしれないなと悟ったが、あまり長い時間一人でウロウロするべきではないので彼女と密着した状態で、音楽に合わせ体を揺らす。

 

もし連れ出し出来なくても、例えばハーフ子が常連だった場合など特に僕の旅行者感が薄れ、箱にアジャストできると思ったのだ。

 

割と長い時間和む。そしてウイングが箱にやってくる。僕はハーフ子を狙うと伝える。

 

「そういえばお兄さん関西の人じゃないよな」

「そうだよ。もうあと数時間したら、東京に帰るんだよね。笑」

「そうなん?」

「だからもう少ししたらクラブを出て休もうと思ってる。一緒に来る?」

「ええけど、友達が・・・」

 

予想できていた友達グダ。

その数分後、友達に連れられバーカウンターへ行ってしまったハーフ子。

とりあえず番ゲはしていたが、今日は無理そうだなと悟った。

 

 

追いかけることもせず、ウイングと合流し二人組を探す。

 

そして二組ほど和んだが、連れ出しまでは進まず。

 

ズルズルと時間だけが過ぎていき、箱がクローズしタイムオーバー。

 

ウイングと朝食がてら反省会を行い、僕は東京への帰路についた。

 

 

 

というわけで、この二日間でウイングは2即・僕は1即という結果になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪で2日連続クラナンしてみた。前半戦

大阪で二日連続でクラナンしてみました。

私自身、ほぼ初めての土地。

ミナミという地名がどの辺りを指すのか、グリコで有名なひっかけ橋はどこにあるのか、どこのクラブが盛り上がっているのか、など何も知りませんでした。

 

結論から申し上げますと、大阪では非常に辛い思いをしました。

タイで一週間近く一人きりで日本語の通じない外国人をピックアップしてきた直後だったため、いくら初めての土地といえど同じ日本なので上手く行くだろうと思っていたのですが、現実はもっと厳しいものとなりました。

 

いちにちめのよる

20:00 新大阪駅

電車でミナミに移動し、大阪在住の友人と食事。

 

22:00 ウイングと合流

ひっかけ橋にてウイングと合流。

大阪クラスタの方にもお会いでき、簡単にミナミのクラブやホテル街について教えて頂いた。

hubに行くものの平日ということもあってか人が全くおらず、道頓堀の近くのたこ焼き屋で作戦会議。

 

24:00 貝殻箱in

この時点ではあまり人はいなかった。

2時頃になると人もかなり増えてくる。

フロアの真ん中あたりに陣取り、後ろの二人組がピカピカ光る棒を落としたタイミングでオープン。

外国人留学生の二人組。韓国子と南アジア子。自然と2-2に分かれる。

韓国子とウイングはいい感じで割と仕上がっていたが、こちらはというと南アジア子が大阪に来て2時間で即決できるほどタイプの相手ではなかったため放流。

ウイングは「2-1でも仕上げることができる」と言っていたため、その言葉に甘えてソロで他の案件を探しに行くことに。

 

2:00 ソロで貝殻箱をサージング

バーカウンター前、2階のロッカー前でそれぞれ2人組をオープン。

どちらもタイプのギャル系だ。

しかし、一組目は友達グダ、二組目は福岡からの旅行者グダ。

そしてそもそも、僕は逆3でオープンしてセパレートするようなスキルも経験も無かったため、やはり1人でいる案件を狙うしか無かった。

 

しかしどれだけ探しても1人の子はいない。

そんなこんなで時刻は3:30になり、ウイングと共に爺2箱へ移動。

 

4:00 爺2箱in

まだ他の箱がクローズしたばかりだったため、この時点では人は少ない。

2階からダンスフロアを見下ろし、箱の構造を把握。

しばらくして下に降りると、それなりに人も増えてきた。

男女ともにかなり泥酔している人が多く割とカオスだった。

野生のナンパもかなり強引。案件が目の前を通れば無理矢理に腕を引っ張ったり抱き寄せたりとかなり力づくなナンパ。ただ、女性も嫌な顔をしつつも慣れた様子で振り払っていたので、ここでは当たり前なのかもしれない。

例えばここが東京のクラブなら、間違いなくほとんどの女性はキレるはずだ。

※もちろん全体的にそのような雰囲気を感じただけであって、関西のナンパクラスタの方々や一部の野生はスマートなナンパで結果を出しているはずである。

 

その雰囲気に圧倒され、ダンスフロアの端にあったチェアに腰掛け動く気力を無くしてしまった僕。

 

半ば諦めモードあったが、時間的に箱のピークを迎え即席カップルもでき始めていたので流石に立ち上がり声かけを始める。

ウイングからも「この箱にアジャストした戦い方で」とのアドバイスを貰い、いつものやり方では結果が出ないと悟った僕は目があった案件を手当たり次第オープン。

ちなみにこの後、ウイングは先ほどの韓国子と和んで連れ出し即を決めていたためこの箱でもソロで戦うことになる。

 

5:30 ピークを過ぎた箱で和む

すれ違う時に目があった案件をオープン。京都から来ているらしい。

壁際に押され、案件に壁ドンされたような形で密着して和む。

京都子の友達に、友達を借りていいか?と尋ねると、この子彼氏と別れたばかりだからお願いします、とのこと。これはイケると確信。

京都子に箱を出ようと打診。しかし「友達がいるからダメ」の一点ばり。

友達は良いって言ってたよ、と伝えてもグダる。

 

その後、他の友達を探すと行っていなくなってしまった。

この時点で、割とカワイイ案件は全て他の男に確保され、残っているのは箱の端っこでナンパもされずにいるような子か、お立ち台で踊り狂うクラバーだけだった。

 

先ほどの案件にコミットしないとダメだなと思い、箱内を探す。

そんなに広い箱ではないので、すぐ見つけることができた。いかにもたまたますれ違ったような雰囲気を出して合流。

しかしまたどこかへ行きそうなのでとりあえずLINEだけ交換。

 

人が少しずつ減ってきている時間帯に1人になってしまった。

ここが東京であれば間違いなく電車に乗って帰っているはずだ。

しかし今回はあくまで即日ゴールを目指していた。自分へのプレッシャーを与えるためにホテルも取っていない。案件を見つけてホテルにinしない限り、ベッドで寝ることすら出来ないのである。

 

不本意ではあったが、箱の端っこにいて余っていた案件の中で一番タイプに近かった案件に声かけ。割と和むも車で来ていて友達を乗せて帰らなければいけないグダ。

 

東京の感覚からすると、クラブに来るなら車なんかで来るな。と言いたいところ。

ただ、名古屋に行った時もこのグダはあったし土地柄仕方ないと割り切る。

ちなみに大阪での車グダは二日間でこの案件だけだったので、たまたま運が悪かっただけだとは思う。

 

仕方なく京都子にLINEする。すると、箱の後ろの方で長身のイケメンと和んでいるのが見えた。スマホを見ている様子はない。当然既読もつかない。

そして長身イケメンは出口へと続く階段の方へと向かってくる。京都子の手を引いて。

僕の目の前を横切る二人。

京都子「ゴメン!帰るね!」

と言い捨て、出口へ向かって消えてしまった。

 

 

和んでいた案件を、他の男に持ち帰られる。

3年半も野生としてクラブに通い、アカウントを作ってからのこの半年間も月3~4ペースで出撃していた今までのクラブ人生で、こんなことは一度たりとも無かった。

既にウイングからは即の連絡が来ていたし、とてもみじめな気持ちになった。

 

 

6:00箱out

失意のまま、最後の力を振り絞ろうとするも力が出ない。

時計見ると6時になろうとしていた。

クローズまでは時間があったが、疲労もピークだったので即を諦めロッカーへ。

ロッカーまでは2フロア上に階段を上がらなくてはならず、2Fを通った時にはAMOG出来そうな案件も残っていたが今の状態では難しいと感じスルーして荷物を取り出す。

 

箱を出ようとした瞬間、京都子からLINEが来る。

すぐに電話をかけると、なぜかまだ2Fにいたらしい。

箱のすぐ外で待ち合わせ、合流。

 

すぐに京都子が一人で来る。先ほどの男も女友達もいない。

そして朝日の下で見た京都子もカワイかったため一安心。

 

このギリギリのタイミングで二人っきりになれたため、これ以上のグダを発生させないためこの上なく丁寧に打診。

 

「昨夜大阪に着いたんだけど、ホテルも取っていないんだよね。もう朝だけど君と一緒にゆっくり休みたいから、一緒に来て欲しい」

「ええよ」

 

 

6:30 LHin

そのままホテル街まで歩き綺麗めなLHでノーグダ即。

ここまで苦労したクラナンは始めてで、ゴールした瞬間は心から嬉しかった。

 

しかし、ここまでお読みいただいて分かる通り、本当にギリギリのタイミングで生じたラッキーであることは言うまでもない。

一応、彼女が言うには、先ほどの男は地元の先輩であり女友達含め男女数人で帰る予定だったが断って僕と合致しようとしてくれていたらしい。後付けっぽい理由だったが。

 

 

以上が1日目に起きた出来事です。

時系列に沿って早足で書かせて頂きました。

 

 

後半へ続く

常夏の国タイでのソロナンパ紀行:後編

前回までのあらすじです。

 

私はここまでバンコクに3日間、パタヤに2日間滞在しクラブを中心に素敵なタイガールとの出会いを追い求めてきましたが悪戦苦闘、しかし5日目の夜にはウォーキングストリートで働くゴーゴー嬢と今回初となるゴールをすることが出来ました。

最終日は朝からフライトの為、バンコクに戻って行動できるのは実質あと2日となりました。

 

タイソロナンパ紀行、このエントリーで完結となります。

 

続きを読む

常夏の国タイでのソロナンパ紀行:中編

以下の記事の続編となります。

sdn-gossip.hatenablog.com

 

バンコクで3日間を過ごすもノーゴールだった私。

今回はバンコクから高速バスで2時間ほどの場所に位置するパタヤビーチに舞台が移ります。

 

開放的なビーチや、アジアでも有数の繁華街であるウォーキングストリートを味方につけタイガールとゴールすることは出来るのか。

 

タイソロナンパ紀行、パタヤビーチ編のスタートです。

続きを読む

常夏の国タイでのソロナンパ紀行:前編

こんにちは。椎名です。

2月末に一週間ほど一人でタイに行ってきましたので、そこでの出来事を記憶が新鮮な内に文章に残そうと思い記事を書きました。

今回はタイの首都であるバンコクと、そこから二時間ほどで行けるアジアでも有名なビーチリゾートのパタヤに滞在しました。

常夏のタイランドでのアバンチュールを私はきっと忘れない。

 

※今回の大まかな日程として、バンコク着3日間ステイ→パタヤに移動し2日間ステイ→バンコクに戻り2日間ステイし帰国、といった感じでしたので、それぞれ前中後編の全3回に分けてエントリーにする予定です。

 

続きを読む

財布をミニマリスト化し、abrAsusに変えてみた。

私は1年ほど前からミニマリストを目指して、所有するモノを極力減らすように心がけてきた。

その一環として財布をabrAsusの薄い財布に変えてみたので、1ヶ月ほど使った感想を書いてみる。

続きを読む